安心安全タイルカーペット

タイルカーペットの優れた点をご紹介

事業所や飲食店では従業員の安全はもとより、お客様の安全が一番であることはここで述べるまでもありませんが、火災を発生させない、万が一の出火時にも延焼を最小限にすることを考慮して内装を施しておくことが非常に肝要です。
タイルカーペットを防災加工しておくことは災害時に出火を防止するだけでなく、普段からのあなたの事業所の安全性をアピールすることにつながることでしょう。
利用者からも信頼が挙がり営業成績にも繋がります。

防災加工されているタイルカーペットの安心さ

防災加工されているタイルカーペットの安心さ タイルカーペットはテナントのフロアの印象をとても良くするものです。
テナントの利用形態に合わせデザインすることができます。
床に設置するタイルカーペットは安全性が高い性能の製品が求められます。
防災加工を施したものであれば、万が一の火災等の災害時にも被害を最小限に抑えることができます。
防災加工は認定された専門の業者で行う必要があります。
クリーニングの際にも防災加工の技術を持った専門店で行ってください。
通常のタイルカーペットは非常に燃えやすく、接炎という裸火を近づけたときに燃え上がりやすいものですが、専門的に加工されていればライターなどで炎を近づけてもすぐには燃え上がりません。
この燃えにくい性能があなたのお店を守るのです。

汚れが目立ちにくいタイルカーペットの素材

汚れが目立ちにくいタイルカーペットの素材 タイルカーペットとして使われている素材はいろいろありますが、中でも汚れが目立ちにくいのはナイロンです。
そのため人の出入りが激しい場所に使用したとしても、こまめに掃除をせずにすみます。
それにナイロンは弾力性があって、しかもへたりにくいといったメリットがありますから、何度も交換する必要がなくなります。
ナイロン以外にも汚れがつきにくいとされる素材は、ポリプロピレンというものです。
こちらはナイロンに比べると安価になっていることが多いです。
そのおかげで広範囲の場所でも使いやすいです。
ただし、ナイロンよりは耐久性は劣りますから、人が行き来する回数が多いところでは取り替える回数が多くなってしまいます。
しかし、ポリプロピレンには安いことだけでなく、軽量という利点があるのです。
配置を変更するのも、取り除くのも簡単なので扱いやすいです。
他にもアクリルやポリエステル、ウールなどといった素材で作られたタイルカーペットが売られています。
どれもそのままだと汚れがつく可能性が高いです。
ところが、最近では撥水加工などを施しているため、それほど神経質にならなくて良いです。
もしもどの素材を選ぶのかで迷ったら、人の出入りの多さで決めるのも良い方法です。

新着情報

◎2018/5/9

素材は部屋に合うものを
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

タイルカーペットの構造とは?
の情報を更新しました。

◎2017/11/7

ライン柄のタイルカーペットが人気
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイト公開しました

「カーペット 素材」
に関連するツイート
Twitter

カーペットに手を押し付けただけで静電気起きる帯電体質 いや着てるものがな そもそもな そういう素材眠い

Twitterからなしは眠い@mushi_noko

返信 リツイート 41分前

新しいカーペットが届きました!毛並みで絵が描ける素材なので(???) 描いてた〜〜^ - ^ ふわふわ pic.twitter.com/MA0f9RYDOP

PIXTA写真素材、昨日単品で1点ご利用がありました。 ありがとうございました(○・∀・)b 東北・北海道新幹線のグランクラス席。 9月乗車時に撮影したものでした。 1日に2運用しかないレアなJR北海道所属のH5系車両なので、 カーペットの柄が良く見ると青系なのです。。。 pixta.jp/f/camellia/pho…

返信先:@shogo690duke カーペットとかカーテンは難燃加工とかされてるけど、衣類はされてないものが多いから、火が飛び散ると燃えやすくて、マフラーとかだと着脱しにくいから…🤧中には燃えにくいものもあるかもだけど…ウールとかなら天然素材で水分も含んだ難燃性の繊維だからオススメだと思ってる🥺✨

Twitterちゃんいよ(Chang Iyo)@No_310i

返信 リツイート 10:53

返信先:@nyan_aai CMとかで流れてるの知らない?UNIQLOのヒートテックみたいに電源無しで暖かい素材で、衣類だけじゃなくてカーペットとか布団カバーとか出ててめっちゃ暖かいからオススメだよ☺️ 前まで電気毛布使ってたけど、必要なくなったもん。

Twitterチックン こう見えてスイーツ男子@chikkunto

返信 リツイート 昨日 20:26

去年は、結局エアコンや石油ストーブ無しで過ごしたんだった。ホットカーペットと電気敷き毛布、雪の降る時だけ電気ストーブで、主に服を重ねて暖をとっていた。 着る毛布の下にフリースなど計7枚。今は軽くて暖かな素材が豊富だから重くて動けないなんて事も無かった。 風邪も引かなかった。

【特集】「折角買うなら飽きの来ないもの。他の家具やインテリアとケンカをせず、月日が変わっても長く使用出来、シンプルすぎず、おしゃれで、素材や工程にこだわりのあるカーペットが欲しい...!」そんな沢山の望みを叶えてくれるブランド『COURT(コート)』のご紹介です。fiq-online.com/newsDetail.php… pic.twitter.com/PgRZn76z6V

RT @chumsjapan: 【NEW!2018秋冬新作アイテム】 冬のアウトドアにも大活躍!あたたかなシープスキン素材を使用したムートンアイテム。カーペットやチェアカバーは1点1点接ぎ合わせでブービーバードとロゴを表現した手の込んだ逸品。肌触りがよく、やさしい温もりに癒やさ…

フリース上下着てフリース素材のひざ掛けして野分を乗せてホットカーペットつけてるので、誰かが動くたびに静電気が凄い

返信先:@syurara55 そんだけ重装備でw w アレもいいよ 山善の洗える1人用の洗えるどこでもカーペットだっけな カーペットというより柔らかい素材だから真冬はそれにくるまったりしてる 電気代がクソ安いから昔せりやんにも買ってあげたけど、それ使ったら暖房入れてないとか言ってた